ミノキシジルは発毛作用があり薄毛治療に有効ということは有名ですが、副作用はあるのでしょうか。

今回は、薄毛治療でミノキシジルをお考えの方に主な副作用を解説します。

ミノキシジルの主な副作用

どの医薬品も副作用とは切っても切り離せません。

ミノキシジルも医薬品ですので、もちろん副作用が確認されています。

下記は代表的な副作用です。

必ずしも全員にあらわれるわけではありませんし、発生頻度は稀です。

 

かゆみ(外用薬)

ミノキシジルの外用薬の場合、頭皮にかゆみがでることがあります。

これは、アレルギーの一種で元々頭皮や皮膚が弱い方にあらわれやすい傾向にあります。

使い始めてすぐに血行促進されることで熱を感じ、かゆみが出る方もいれば、時間をおいて1週間後に症状があらわれる方もいます。

ミノキシジルの濃度が濃ければ濃いほど、かゆみがでる可能性は高くなりますので濃度には注意が必要です。

使用し始めてかゆみがでているのにも関わらず、使い続けると頭皮が炎症を起こしてしまい、逆に抜け毛が増えてしまいますので、症状があらわれたらすぐに中止しましょう。

また、かゆみだけでなく、発疹がでることもあります。

しかし、内服薬では、かゆみや発疹の副作用の報告はありません。

 

勃起不全(男性機能の低下)

ミノキシジルには、性欲の減退や勃起不全になる可能性があります。

なぜ、男性機能の低下に関係するのかというと、薄毛治療は男性ホルモンを抑制させて発毛を促します。

その結果、男性ホルモンが抑制されることにより勃起不全や男性機能の低下になるのです。

ミノキシジルを使用、服用すると、体内に吸収されていきますので血液を通って全身にいきわたります。

そのため、頭皮や髪だけでなく全身のあらゆるところで副作用が起こるのです。

ただ、ミノキシジルとプロペシアを併用している場合には、ミノキシジルよりもプロペシアの方で副作用として症状がでている可能性の方が高いといえます。

プロペシアは、男性ホルモンの発毛抑制作用を持つDHT変換する「ー還元酵素(2型)」を阻害する薬となっておりミノキシジルよりも性欲が減退したり勃起不全になる可能性が高いです。

 

腰痛

ミノキシジルは同時に服用できない薬があります。

それは、痛みを抑える鎮痛剤が入っている薬です。

そのため、ミノキシジルを服用し始めて、鎮痛剤の服用をやめた方には、腰痛がでてしまう可能性があります。

そのため、鎮痛剤を服用している方は、かかりつけの病院で医師にミノキシジルを服用したい旨を相談しましょう。

 

むくみ

ミノキシジルには、血液を流す動脈に拡張させる働きがあるため、血流が増えます。

しかし、血液を戻す静脈には拡張作用が働かないため、血管を通して行き渡った血液は、同じ量を戻すことができず、末端に溜まります。

これが、副作用のむくみと関係してしまいます。

むくみのあらわれるところは、顔や手や足など露出しているところで気付きます。

もしも、いつもよりもむくんでいるような気がしたらそれは、ミノキシジルのよる副作用の可能性があります。

また、ミノキシジルの副作用として体重増加も報告されていますがこれも、体のむくみから起きていると考えられています。

 

もう一つの可能性として、ミノキシジルだけではありませんが、医薬品は肝臓で分解され、腎臓でろ過されて尿となり、体外へ排出されます。

このとき肝臓や腎臓に負荷がかかると機能低下が起こり、体がむくんでしまうといった理由も考えられます。

 

めまい

稀ではありますが、めまいを感じる方もいます。

高血圧の治療薬として開発されたので、血圧を下げてしまい心臓のポンプ機能が弱ってしまいます。

それにより、頭や手足など体の末端まで血液を届けるのが難しくなり頭痛やめまいが顕著に出ることが多いといわれています。

また、、頭皮だけでなく血流が増加することにより、心臓の負担が増すことから、胸が痛んだり心拍が速くなったりするほか、頭痛や頭がぼんやりする等の副作用が報告されています。

それとめまいがどんな関係があるのかというと、脳内の血管も拡張をしている可能性があります。

要するに、脳内の血管が拡張されると、頭痛や目眩といった症状が併発することが考えられるのです。

頭痛や目眩を感じると、ストレスにも直結してしまいます。

ストレスによって、頭皮の環境が悪化し抜け毛が増えてしまいますので、むくみを感じたら服用を中止しましょう。

 

ムダ毛・余計な部位の増毛

ムダ毛が増える副作用については、ミノキシジルが薄毛治療として開発された経緯に関係しています。

ミノキシジルは、もともとアメリカで血管拡張剤として開発され、高血圧の治療薬として血圧降下として処方されていました。

しかし、ミノキシジルを使用した患者から毛が濃くなったり、全身に多毛症が見られたために薄毛治療として再開発された医薬品となっています。

そのため、髪だけでなく、腕や足など全身のムダ毛ま濃くなる副作用がみられることは、以前より知られていました。

ただし、飲み薬のミノキシジルの副作用として報告されており、頭皮につけるタイプのミノキシジルには、ムダ毛の増毛はありません。

こちらも服用をやめれば自然と元に戻ります。

 

免疫力の低下

ミノキシジルは、高血圧の治療薬として血圧低下させるために開発された薬です。

そのため、高血圧でない人は、血圧が低下する可能性があります。

人間は血圧が低下し、体温が1度下がると、免疫力は30%も減少すると言われています。

免疫力が下がると病気や風邪を引きやすくなったり、疲れやすくなるといった傾向になります。

要するに、ミノキシジルの本来の目的で作られた高血圧の治療薬としても役割が副作用としてあらわれてしまうのです。

健康体だったのに、ミノキシジルを服用し始めて病気や疲れやすくなったなら副作用のあらわれかもしれません。

目の充血

ミノキシジルは頭皮の血流を良くする役割がありますが、頭皮だけでなく目の毛細血管の血流もよくするため、目の充血があらわれてしまう可能性があります。

特に、仕事でPCをよく使うデスクワークが多い方は、目の充血が副作用あらわれやすいと言われています。

疲れ目だと思わずにミノキシジルの副作用を疑いましょう。

 

また、他には頭皮につけるタイプのミノキシジルの場合、液が目に入ってしまい炎症が起き充血を起こしていることもあります。

ミノキシジルには刺激があるので、目に入ってしまうと目を充血させてしまう恐れがあります。

目に入った場合は、すぐによく洗うようにしましょう。

また、生え際につける場合は液だれをしないように気を付けましょう。

 

心筋梗塞

ミノキシジルには血管拡張作用があり、血管に働きかける薬です。

そのため、狭心症・不整脈・動悸など心臓に関連する副作用があります。

その中でも、心筋梗塞になった症例がいくつか報告されています。

しかし、元々高血圧を持ち、狭心症の病歴のある方で家系にも心筋梗塞の方がいるとのことで、ミノキシジルが直接的な原因だったかは不明とされています。

心筋梗塞との因果関係は認められないとしていますが、心臓に持病や不整脈などの病気を持っている方はミノキシジルを使う前に必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

 

血圧

ミノキシジルを服用して、主に出る副作用として一番かんがえられるのは、低血圧になることです。

これは、血管拡張効果があるためです。

血管拡張効果により、血圧低下や心拍数の増加といった副作用がでてしまいます。

もしも、すでに高血圧の症状があり、降下剤を医師から処方されている人は、ミノキシジルを服用することで血圧が下がりすぎて危険な状態になってしまうことがあるため、注意が必要です。

一気に血圧が下がると、脳が血圧を保とうと、反射的に血圧を上昇させる働きのある交感神経を緊張させます。

すると心拍出量は増加し、鼓動は早くなり狭心症や動悸、不整脈が起こりやすくなります。

また、脳への血液の供給が不十分になり、めまいや立ちくらみ、頭痛などの症状を起こし、脳梗塞の原因になることも。

服用する際には、必ず現在飲んでいる薬との飲み合わせを確認して十分注意することが大切です。

副作用があらわれたらどうすればよいのか

副作用の症状があらわれたらミノキシジルを処方してもらった病院へ行きましょう。

副作用は稀ではありますが、もし使い続けて大変なことになる前に医師の診断の元、治療の方向や処方薬を変えてもらうこともできます。

自己判断をせずに、相談をしにいきましょう。

高血圧治療との相性は?

高血圧症の患者は4300万人もいるそうです。

高血圧症の治療で既に降圧剤を飲んでいる人が服用すると危険なのか。

そもそもミノキシジルは、血管を拡張させる効果があり、元々は高血圧の治療に使われている成分として開発されました。

血管を拡張することで血の巡りが改善されて、血圧が下がるためです。

そのため、既に高血圧の診断をうけて治療をしている方はミノキシジルを使用することで更に血圧が下がってしまう可能性があります。

降圧剤とミノキシジルの併用は危険です。

そのため、必ずミノキシジルを服用する場合は、自己判断はせずに医師に相談してください。

高血圧の治療をしている方は、個人輸入でミノキシジルを手に入れないようにしましょう。

それでも人気のミノキシジルの効果は?

ミノキシジルの薄毛治療の効果は、医学的にも証明されています。

薄毛治療の発毛効果が期待できるのはミノキシジルだけです。

 

成人男性の薄毛で悩んでいる方のほとんどは、AGAである可能性が高いといわれています。

AGAは男性ホルモンの影響によって、成長期が短縮されて髪の毛が成長途中で抜けてしまう現象です。

そのため、健康で太い髪が生えてこず、髪が細くなりボリュームがなくなり頭皮がみえてしまうことも。

ミノキシジルは、血管を拡張する成分で細胞を活性化させ、発毛に大切な毛包に直接働きかけることができます。

血管が広がれば頭皮の血流が良くなり、毛細血管を通して毛包にも栄養分が届けられ元気な髪の毛が生えてきます。

直接髪の毛に作用しなくても、頭皮環境が良くなり、発毛や育毛を後押しする効果が期待できます。

 

ミノキシジルを服用する際には、プロペシアを併用すると薄毛治療に有効です。

プロペシアで抜け毛を減らして、ミノキシジルで発毛することによって髪が増える効果を実感できます。

どちらも半年ほどで効果を実感できます。

ただし、毛周期が元に戻る途中で服用をやめてしまうと更に抜け毛が増えてしまうこともあるので、根気強く薄毛治療をしていきましょう。

まとめ

ミノキシジルは、副作用も確認されています。

以前よりも入手しやすくなり知名度もあるミノキシジルですが、現在服用している薬や高血圧の治療をしている方は必ず医師に相談上で服用するようにしましょう。

自己判断で服用することはとても危険です。

副作用の説明をしましたが、ミノキシジルの副作用は稀ではありますし薄毛治療としての効果は証明されています。

薄毛で悩んでいる方は、一度AGA専門クリニックに相談にいきミノキシジルを試してみてください。

 

 

おすすめの記事